ついにRubyサポートが登場!App Engineのスタンダート環境をRubyで試してみる

はじめにこんにちは! フィフス・フロア技術チームのチームリーダーnotozekiです。 先日、ついにGoogle App Engine(以下App Engine)のスタンダード環境でRubyがサポートされました🎉 https://cloud.google.com/blog/products/application-development/ruby-support-comes-to-app-engine-standard-environment Rubyのパパ、まつもとゆきひろさんも「感無量」とコメントしていますね☺️ GAEでやっとRubyが一級市民に。感無量#ITnewshttps://t.co/APcM4FXQ92 — Yukihiro Matsumoto (@yukihiro_matz)

Sorbetで「型のあるRuby」の開発体験を試そう

はじめにこんにちは! フィフス・フロアの開発チームリーダーのnotozekiです。 フィフス・フロアでは、Rubyを長年活用しています。 たとえば弊社プロダクトのうちのこまとめやぷちのこメーカーはいずれもバックエンドはRuby(Rails)で実装されていますし、そのほかの開発実績もRubyを利用したものが数多くあります。 ところで、このところRubyの周りでは「型」の話題がホットですね。 現在開発が進められているRuby3では静的型チェッカーが導入される予定ですし、今年の6月にはRubyの型チェッカーSorbetがオープンソース化されました。 フィフス・フロアにはRubyを活用するプロダクトが多いことと、型は開発(特にチーム開発)を円滑に進めるのに役立つ機能なので、この話題にはとても注目しています。 この記事では、簡単なRailsアプリケーションにSorbetを導入して、「Rubyに型がある」ことでどのような開発体験が得られるのかを試してみたいと思います。 「Sorbet実際どうなの?」「実開発で活用できそう?」と考えているRubyistのみなさまの参考になれば幸いです💎 SorbetとはSorbetは、Rubyの型チェッカーの1つです。 決済プラットフォームを手がけるStripeが開発しており、C+