こんにちは、@tnzkこと濱口です。しばらくブログを書くことから離れていました。

実はここ1年ほど、マンガ教育の分野で新たなアプリを開発するプロジェクトを進めていました。「drill」という、おもしろいマンガを書くのに必要なストーリー構成力を鍛えるためのトレーニングアプリです。

https://drill.5thfloor.co.jp/

drillの詳細は、リンク先のページをご覧いただくとして、この記事ではdrillを開発するに至った経緯と、プロジェクトチームがdrillにこめる想いを、文章として残しておこうと想います。

"いるかM.B.A."との出会い

弊社(フィフス・フロア株式会社)は、元々私のフリーランスのソフトウェアエンジニアとしての個人事業から法人成りした会社で、ソフトウェアの受託開発を主な収益の柱としています。集まったメンバーの多くが同人界隈(よりニッチにいうと、一次創作分野)をスキの分野としていたことから、その分野に焦点を当てたいくつかのWebサービス等を開発・運営しています。

その一つが、同人イベント参加者向けの通販サイト「hondel」です。ありがたいことにお客様に恵まれ、もうすぐ三周年を迎えます。ひとりで運営することに限界を感じ、私の個人的なTwitterアカウントで求人を募ったところ、数年前にコミティアで知り合った方が応募してくれました。

マンガ家を目指していたそのスタッフが通っていたのが、「いるかM.B.A.」(以下、「いるか」)というマンガ教室でした。ひょんなことから、いるかの代表である田中裕久氏を紹介してもらうことになり、「何か一緒にやりたいですね!」と意気投合したのが、プロジェクトのはじまりでした。

いるかは、神保町に拠点を置くマンガ教室です。連載獲得・掲載作家20名以上・新人賞受賞者30名以上を輩出するという、少数精鋭ともいえる高いリザルトを有しています。

「ストーリー構成力にも筋トレが必要」

多数の実績を持ついるかでは、いわゆる「ドリル形式」のトレーニングメニューが使われています。これは、教室を運営する間に結晶化した「マンガ教育のノウハウ」が詰まったものです。

これを、アプリという形式に合わせて再構成したのがdrillです。

いるかM.B.A.で実際に使われていた紙の教材。drillは、こうした教材をアプリに適した形式に再構成し、成長を実感しながら取り組めるようにしている。

田中氏は、教材の内容の重要性はもとより、結局のところ、本人の継続的なトレーニングと、フィードバックを受けることが大切だと言います。

この意味で、田中氏は繰り返し「ストーリー構成力にも筋トレが必要」と語っています。

drillには、ストーリー構成力の筋トレを継続するための仕組みがたくさん組み込まれています。教材ひとつひとつも、いるかで洗練されてきた肝入りのコンテンツが揃っていますが、さらに重要なのは、自らの成長を確認するための仕組みです。

‌                                                              

drillでは、レッスンごとの進捗度を視覚的に表示したり、同じテーマに対する過去の自分の回答を比較する機能など、ストーリー構成力の基礎体力を楽しく続ける工夫がたくさん盛り込まれている(画像は開発中のもの)。

オリジナル作品といっても、無から生まれるわけではありません。インプットとして得る様々な作品や情報からの影響を受ける私たちは、同じアイデアからでも、日々違ったアウトプットを生み出すことがあります。

その「違い」は、測り方によって良かったり悪かったりしますが、どのような基準で評価するにせよ、創作活動を伴う生活の中で、自分自身が、あるいは自分自身が生み出す被造物が変化していることを知り、その変化を把握しておくことは、とても大切なことだと思います。

drillは、こうした自己研鑽をサポートしてくれる優れたツールになったと思います。もちろん、リリース直後はまだまだ洗練するべき点があります。ぜひ、ユーザの皆さまからの意見をいただいて、使い心地の良いツールに成長させていきたいです。

今回は、「ストーリー構成力」にフォーカスを絞り、最小限の機能でリリースします。

まだまだやりたいことはたくさんあります。まず、マンガのもうひとつの重要要素である「画力」に関する教材も投入する予定です。そして、もっと直接的にトレーニングの習慣化を支援する仕組みを導入したいと思っています。その他、アイデアを記録し、シェアする機能も組み込んでいきたいです。

ですが、まずは「ストーリー構成力」のトレーニグメニューが、どれくらい皆さんのお役に立てるかを見極めたいです。無料でご覧になれるコンテンツもありますので、ぜひお試しください! 以下のページからメールアドレスをご登録をいただければ、リリース時にメールでお知らせします。

https://drill.5thfloor.co.jp

「プロ漫画講師に学ぶ、ストーリー構成力トレーニングアプリ "drill"」は、 iOS 版は AppStore・Android 版は Google Play Store にて、11月24日(日曜日)に公開予定です。

リリースまでの数日間、私たちdrillプロジェクトチームが目指す世界についてや、中心人物のいるかM.B.A.代表田中裕久氏の人物像、drillというプロダクトの今後の展開についてのブログ記事を、毎日公開していこうと思っています。

よろしければリリースまでの数日の間、お付き合いください!