2018年9月30日(日)、hondel×クロヒス諸房にて、第2回目となる「イラスト依頼したいされたい会」を、大田区民プラザ B1F展示室で開催しました。  

このイベントの最大の特徴は、

依頼を「したい人」「されたい人」に分かれて、直接マッチングしちゃう!

という単純明快なその内容です。  

「あの人のイラストつきで同人誌をつくりたい!」

「インターネット上ではなく、直接絵描きさんや物書きさんに依頼したい」

「自分の絵やデザインで誰かの作品をお手伝いしたい!」  


同人誌を作ったことがある人なら、一度は悩まれたことがあるのでは?

お仕事のマッチング会は多数ありますが、同人誌という規模感では、まだまだ少ないですよね。  
もしかしたら「マッチング」という言葉にも、抵抗感を示される方がいらっしゃるかもしれません。  


しかし!

このイベントは、 いち創作者同士での依頼 のきっかけづくりを狙いとしているので、初めての方や「プロじゃないのにいいのかな…?」という方でもOK!  


むしろそういう方のための場なのです!  

第二回当日レポート

「イラスト依頼したいされたい会(以下、したいされたい会)」は、一次創作オールジャンル同人誌即売会の「夢を紡ぐ創作の集い04」内イベントとして開催されました。  

講義とマッチングタイム形式だった第1回とは異なり、第2回は「したいされたい会」自体は参加費無料で実施。  
「夢を紡ぐ創作の集い04」内のため、イベント会場への入場料は別途必要でしたが、サークル参加者および一般参加者であれば自由に参加できる形式としました。

参加者への事前案内として、スタッフが用意した「依頼したい内容と自分の名前」「依頼されたい内容と自分の名前」を記載したシールを貼っていただくことになっています。  
これで、他の参加者からみても、誰が「依頼したい側」「依頼されたい側」であるのかひと目でわかるようになっているのです。  

使用例はこういった感じ

当日は、マッチングタイムを掲示して、12時、13時30分、15時を目処としてマッチングエリアに集まっていただきました。  


会期中、マッチングエリアのお手伝い担当は、第1回で講師も務めて頂いたトオノキョウジさん。

※第1回開催レポートはこちら→「イラスト制作を依頼してみたい人&されてみたい人の会」を開催しました!

参加者に貼られたシールを元に、依頼したい内容を見て「◯◯を書いてみたい人!」「◯◯が得意な人!」と、依頼されたいシールの参加者に呼び掛けて手伝ってくれます。

知らない方に自分から声を掛けるのはなかなか勇気が必要…。  
マッチングエリアに来たものの「どうしようかな…」という雰囲気の参加者たちを、颯爽とアシストしてくれていました。

商談スペースでのマッチングの様子。熱がこもっています!
商談スペースが埋まってしまい、スタンディングでお話している方々も…!

一方、交流会エリアでは、参加者に「依頼したい人」の依頼内容詳細が記載された紙を張り出してもらったり(某クエストボードの様相を呈していました)、「依頼されたい人」のポートフォリオを置いてもらって閲覧出来るようにしたり、直接的なアシストでなくてもマッチングを後押しできる仕組みを設けました。  

多種多様なポートフォリオや名刺が揃っていて、このエリアだけでも楽しいですね。


参加者同士の名刺交換も盛んに行われており、真面目なお話から、意見交換としての交流まで、各テーブルで楽しんで頂けていたようです。  

自分も、スタッフとしてお手伝いをしつつ、同時に「依頼されたい側」のシールを貼って参加していました。

あれ……僕の依頼されたい内容が特殊すぎる……!?

僕自身は、依頼されたい内容が特殊だったので、商談には至れませんでしたが、色んな創作さんとお知り合いになることができて、とても充実したイベントとなりました。  


実は当日は、非常に勢力の強い台風が九州から関西に来ていたのですが、負けずに来場者がいらっしゃっていたのが印象深かったです。  


イラスト依頼したいされたい会は、16時までの開催でしたが、非常に盛況で無事閉会となりました。  

まとめ

今回の「依頼したいされたい会」の会場となった一次創作オールジャンル同人誌即売会「夢を紡ぐ創作の集い」は、サークルと一般来場者を併せて約100人ほどの動員となりました。

今回4度目の開催を迎えた「夢を紡ぐ創作の集い」の特色は、なんといってもステージイベントの豊富さ!  
著名な商業作家や漫画家を招いたトークイベント、音楽にあわせた舞台、創作に関連する企業の商品紹介など、会場に一日いても飽きさせない、創作好きにはたまらないイベントでした!  
弊社は第1回から「夢を紡ぐ創作の集い」(通称ゆめつむ)に関わらせて頂いておりますが、今後も公私共に応援していく所存です!

また、本会のような「創作イベント」はまだまだ少ないですが、創作さんにとっては同人誌即売会以外の楽しみ方の一助になったのではないかと思います。  
今回はマッチングがメインの会ではありましたが、非常に好評だったと思います。今後は同人誌即売会以外にも「創作イベント」が増えることにより、もっともっと創作を楽しめる場所が増えたらいいなと思いました。