/ 創作関連情報

ポプルスさんに工場見学してきました!

身体の芯が冷えるのを感じる時期になって参りましたね。
こんなときは、じゃがいもが沢山はいったホワイトシチューが食べたくなってしまう系社員こと、ウォンバットやしろです。

先日、webコミックフリーマガジン「Subaltern」の主宰である、眩目くるめさんが企画された「Subaltern the ACTION #3」の同人誌印刷所工場見学会に参加させていただきました。
その模様を簡単にリポート致します!

株式会社ポプルスさんにいってきた!


撮影者:和ノ村さん

雑然とした東京のイメージと異なり、落ち着いた雰囲気のある福生駅から徒歩10分ちょっとで、ポプルスさんに到着!
参加者は8名程で、到着してテンションが高まり看板を撮影しておりました。

早速ポプルスの大橋さんご案内の元、印刷工場に伺いました。
オンデマンド印刷機をはじめ、そして2017年秋より導入されたジェットプリント(仕上がりがとても綺麗!)が可能な印刷機などが、所狭しと並べられておりました。

印刷工程では、実際に印刷機をみながら丁寧にご説明をいただきました。
特に面白かった点として、オフセット印刷は色合わせや位置調整をするために数百枚相当も紙をつかうことでした。
オンデマンドとオフセットの違いは何となく知っていた筆者でしたが、オフセット印刷は色合わせや位置調整をするために何百枚も紙をつかうというのに、とても驚きました。
オンデマンドは家庭用印刷機の高性能バージョンなので、位置調整や色合わせはあまり必要ないそうですが、オフセットになると勝手が違うようでした。
また、印刷したあとの「乾燥」も、大事な工程のようです。
家庭用プリンターでは、乾燥の工程がないから滲んだりした経験が誰しもあると思います。
インクジェットやオフセット印刷に関しては、専用の「乾燥機」を通すことによって、インクをしっかりと定着させて、滲みを防ぐそうです。
同人誌ももちろんですが、印刷ってとても手が込んでいるものだと、改めて思いました。

最終工程の検品で大橋さんが唐突「驚かれるかもしれませんが、社長です」とご紹介!
社長も手をあげて、にこやかにご挨拶いただきました。
ポプルスさんの最終の検品では、社長自ら目視で確認していらっしゃいました。
これこそがポプルスさんのコダワリであり、社長自身が一つ一つを隅々までチェックしているからこそ、クオリティの担保された本がお客様の元に届くようですね。
そもそもポプルスさんは、「同人誌印刷」のために作られた会社なので、利用者としても、自分の同人誌を安心してお任せしたいと思いました。

続いてグッズ工場へ

ポプルスさんでは、テーブルゲーム用のグッズが数多く作れたり、ポスターやアクリルキーホルダー等、多岐に渡るグッズが制作できます。

グッズ制作で特に目を惹かれたのは、アクリルキーホルダーでした。
ポプルスさんのアクリルキーホルダーは、クオリティも高いことで有名ですが、実際の完成品をみても発色がよく、流石プロだと感じました。
このアクリルキーホルダーも、なるべくオーダーのものに近づける努力をされていらっしゃるようで、ここにもポプルスさんのユーザーの思いを汲んでくれているのだなと改めて思いました。
また、グッズ制作は紙での印刷ばかりではなく、印刷の方法もそれぞれなので、その調整がとても難しいと仰っていました。
それでもクオリティの高いものを提供しようという心意気をひしひしと感じます。
そして、グッズ制作に関してもやはり、検品は人による目視にて行われています。
これがクオリティの高さの現れなんでしょうね。

特筆すべき点として、ポプルスさんはユーザーからの「これって作れませんか?」のお声を柔軟に取り入れられているそうです!
なんでも、サイコロやミラー、カードゲームに付随するアイテムなどは、お客様から意見を貰ってから実際に制作をして商品のラインナップにあるようです。
こういった柔軟な対応をしていただけるのは嬉しいですね!

まとめ

さて、レポートは如何でしたでしょうか?
率直な感想としては、「非常にユーザー目線でものづくりをされている会社」だなと感じました。
商品のクオリティは勿論ですが、何よりも検品など、機械ではカバーできないところを人がしっかりとカバーするという、徹底したコダワリをもっていらっしゃいます。
ポプルスさんであれば、大事な作品をお預けしたいと思えますよね。

他にも、 福生市にお客様センターが設置されており、直接センターにゆけば、紙原稿の入稿や仕様の相談も可能だそうです。
ここまで親身にしていただけるのかと感動しきりでした。

また、我々ユーザー側としても、よいものを作って頂くために、作品データ作りを丁寧に、かつある程度余裕をもった納期で望まなければならないと思いました。
実際にポプルスさんのプロ意識や、徹底したユーザー目線に触れて、創作意欲が刺激されました。

工場見学につきまして、ご快諾いただいた株式会社ポプルス様、この企画をしていただいた、眩目くるめさんにはこの場を借りて御礼申し上げます。
誠にありがとうございました!

ご訪問先

  • 株式会社ポプルス
  • 東京都福生市武蔵野台1-15-19
  • http://www.inv.co.jp/~popls/
  • 各種印刷・製本・CD/DVDプレス・グッズ制作・イベント開催支援

最近ではジェットプリントRGB印刷ができるようになったようです。
サンプルをいただきましたが、びっくりする美しさなので、要チェックですよ!!!

左がジェットプリント・右がオフセット

企画主宰

  • WEBコミックフリーマガジン「Subaltern」
  • すきを届けるWEBコミックフリーマガジン
  • http://subaltern.wp.xdomain.jp/
  • 主宰:眩目くるめさん

WEBコミックフリーマガジンの連載として、No.1~No.4まで絶賛WEB掲載中。

保存版冊子は下記からお買い求めできます。
個性豊かで、すきが詰まった作品の数々を是非!
http://alice-books.com/item/show/7110-1

ウォンバットやしろ

ウォンバットやしろ

メシテロなら俺に任せろー!!フィフス・フロアの外交および賑やかし隊長こと、ウォンバットやしろが創作のことやメシテロしちゃいますうぉん

Read More
ポプルスさんに工場見学してきました!
Share this