きれいなぷちのこを作るコツをお教えします!

みなさん初めまして!フィフス・フロア株式会社のかんてんです。

今回は、**弊社オリキャラフィギュア作成サービス「ぷちのこ」**の「ベーシックプラン」できれいなぷちのこを作るための、発注テンプレート記入のコツをお教えします!


ぷちのこ「ベーシックプラン」を注文しよう!と思ったときにまず最初にすることといえば、「発注テンプレート記入」です。

この発注テンプレートを記入している時がいちばん楽しいのですが、同時にいろいろな不安や疑問などが生まれてくるかと思います。

「自由度はどれくらい?」「どれくらいの細かさまで出力できるのか?」「テクスチャをきれいに反映させるには?」など…
今回は、そんな不安や疑問を解消します!

そもそも「ぷちのこ」って何なのさ?という方は、 ぷちのこ公式サイトをご覧ください!

自由度はどれくらい?

テンプレートからどこまで変形させていいのか?

テンプレートベースの人間に近い形でしたら基本的に「あり」です!出来る限り、お客様のご希望に応えさせていただきます!実際の制作実績に 獣系の子、メカ系の子、異形頭の子…などがいらっしゃいます。

「体系を少しがっしりめに」「細身に」…なども備考欄に書いて頂ければ対応いたしますよ!
また、眼鏡や翼、角や帽子…などの装飾品も物理的に再現できるデザインでしたら可です!

どの細かさまで出力できるのか?

ぷちのこテンプレートを、ペイントソフトで25パーセントほどに縮小した状態が、実際に造形される際のおおよそのディテールです。25パーセントに縮小してつぶれてしまうテクスチャなどは思うように出力されない可能性が高いです。

強度についての制約

頭身は固定になります。ポーズはつけられません。
デザインの細かさや強度などの都合によりパーツが造形できない場合もございます。ご了承くださいませ。
また、出力中の破損を防ぐため、 2mm 未満の厚みを含むデザインは作成できません。出力時の制約のため、 0.4mm 以下の深さの溝・ 0.4mm 以下の高さの浮き彫りを含むデザインの再現度は低くなります。
だいたい足首部分の細さが出力ぎりぎりです。これより細かい造形はできません。

テクスチャをきれいに反映させたい!

顔や模様などのテクスチャの主線につきましては、黒100%以外の色(ダークグレーか茶色など)を使用して制作していただくときれいな仕上がりになります。線幅は太めにしてくださいね!

コツは分かったけど、描ける自信がない…

テンプレート記入やデフォルメデザインに自信のない方には、「おまかせプラン」がございます!
キャラのイラスト資料を提出していただくだけで、テンプレート記入から造形作業までを全て弊社で行わせていただきます!

いかがでしたでしょうか?

すこしでもぷちのこ注文に関しての疑問が解消されれば幸いでございます。
ぷちのこ造形についてまだまだ疑問がある!こういったパーツは作れる?という場合にはメールかツイッターハッシュタグ「ぷちのこテンプレ描いてみた」にてお問い合わせをいただければ確認して折り返しさせていただきますので、お気軽にご連絡ください!

ぷちのこの喜びが広がりますように…(´▽`)